2012年10月25日

やはり大平洋で鮭釣り

狙い:釣法  サケ:ぶちこみ
日時:場所  2012年10日21日(日):大平洋
天気:潮位  運よく晴れ:小潮

今回も太平洋。天気は優れないが、唯一2、3時間勝負が可能と予想される場所で行った。
同釣者は、相方、ソノ、野地の4名。
2012.JPG


やはり朝の弱い私は睡眠をとる。すると夜中に強い雨が降り、終いには雷までもなっている。

これは無理だなとあきらめて早起きすることを断念したのだが、4:00に相方に揺り起こされた。

なんとか釣りができそうな感じだったので、急いで竿を出す。

なんと暗いうちにソノの竿にヒット。雄である。
DSC05083.JPG


明け方、相方にヒット。波打ち際でバラし・・・。これを連続で5回繰り返した。やはり強者である。
DSC05090.JPG


そして私にヒット。無事に雄をゲット。

その後全員の竿が一斉に揺れて絡まってしまった。結構絡まってるなとほどいていると、なんと野地の竿にわずかな反応があった。

その『きてるわ!上げなさい!』

すかさず巻きまくる野地。上がってきたのは昆布ではなく、待望の鮭!
DSC05092.JPG


よほど嬉しいのでしょう。頭を叩くのも躊躇している。

腹を決めて、唇をかみしめながらふんずけて別れの儀式を行った。
DSC05091.JPG


その後、5回ばらしの相方に雌が掛り、一人1本ずつ釣ったところで今回の釣りは終了。

撮影会が始まった。
DSC05096.JPG

1か月ねばって釣った彼の右手が鮭になっている。作品『ミギー』

元気な女性達。
DSC05101.JPG


そして私もパシャリ。
DSC05097.JPG

すると、後ろのおじさんに『釣れたんでしょ〜』と声をかけられた。

野地が『78センチですよ!』と満面の笑み、してやったりの口調で答えると、

『小せぇな!!』と即答。

熱くなった野地。『78センチ!人生ではじめて釣ったんだ!』

おじさん『そうだったのか、よかったなぁ』

なんとか機嫌を損ねることはなかったが、あまりのハイテンションにちょいと腹が立ったので、撮影後、野地が地べたに鮭を置いたところ、鮭の頭を蹴飛ばしてみた。

野地『何やってるんですか!78センチですよ!』

テンションは変わらなかった。

帰り際、友達のkazちゃん、釣り師さんから相方に、『○○釣ったからパーティしない?』とお誘いの電話が入った。

もちろん即答でお願いします!

帰宅後、我が家で宴会が開催された。

その○○がこれである。
DSC05116.JPG


幻のカレイ、マツカワである!!そして、タコ!!

みんなで酒を酌み交わし、今日の釣りの話をしながら料理をした。
DSC05107のコピー.jpg

釣り人にとって、これが最高の娯楽である。

出来上がったのは、もちろんマツカワ刺身。
DSC05110.JPG

タコとマツカワのカルパッチョ。
DSC05111.JPG

タコ刺。
DSC05113.JPG

極めつけは、イクラとマツカワヅケ丼。
DSC05115.JPG


こんな贅沢な食事は初めてである。普段タコはあまり食べないのだけれど、釣れたては別格。おいしすぎて箸が止まらない。

釣り師さんの釣り話や子どもとの絡みをみて、みんな大爆笑。美味しいお酒に、贅沢な料理。なんて素敵な時間でしょう。

釣りって最高ですね。
posted by taku at 23:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 10月の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。