2012年10月08日

太平洋鮭釣り

狙い:釣法  サケ:ウキルアー
日時:場所  2012年9日30日(日):登別 
天気:潮位  曇り、小雨:中潮

鮭釣りの太平洋シーズンまっさかり。好物のトバ、イクラを求めて登別へ向かった。

今回の同釣者は、相方、ソノ一家、ノジの7名。

現地に着いたが、人の多さにびっくり。まだ21時くらいなのに車がびっしり。ちょいと様子だけ見ようと海面を覗いたら、鮭がバサバサと跳ねている!

テンションの上がった僕たちは小一時間ルアーを投入したが、ノーヒット。さらに相方が屋根にルアーを引っ掛けてロストした。テンションが下がったので、朝方に備え仮眠をとった。

2:00起床。完全に早すぎた。フライングである。

ルアーを投入して2時間。やはりノーバイト。周囲もしばらく当たりはなかったが、明るくなるにつれてポツポツと釣れ始めた。

『こっからは俺たちも来るかな?』

そんな期待とは裏腹に、見事に私達の一帯以外の場所で釣れまくっている。

フライング起床した意味がない。

すると再び相方が屋根にルアーを引っ掛けた。

ノジがマイロッドで救出しようと奮闘していたら、まさかの二次災害。自分の仕掛けまで絡まってしまった。

釣れない私達は釣りをやめて、ルアー救出作戦に乗り換えた。
20120930_054650.jpg
押しても引いても取れない。
20120930_054644.jpg
つついても、はたいても取れない。。
20120930_054632.jpg
願ってもチームプレイでも取れない。

本日の釣りはこれにて終了。


◆本日の釣果  ルアー×−1
 魚はいるんだけどなかなか食ってくれません。。。翌日、ソノの友人がルアーを救出してくれたと連絡が入りました。ルアーを取ってくれたソノの友人さん。ありがとうございました!
posted by taku at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 10月の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大平洋鮭、リベンジ成功!

狙い:釣法  サケ:ウキルアー、ぶっこみ
日時:場所  2012年10日7日(日):大平洋
天気:潮位  晴れ:中潮

先週のリベンジ。今回はせめて1匹、体力がゼロになるまでやろうと心に決めて現地へ向かった。
2012.1007.1.JPG

今回の同釣者は、相方、ノジ達、ソノ達とミピ。

夜に様子を伺うと、こんな時間にもかかわらず、河口でバタバタと釣れている!

しかし、ここは体力温存の機会。迷うことなく仮眠をとった。

深い眠りの中、携帯の着信音がしつこく車内を騒がせた。

『ミピが釣れたよ!』ソノからだ。

迷うことなく、釣り場へ向かい仕掛けを投入した。

日が昇るころ、相方の竿に待望のアタリが来た!
2012.1007.2.JPG

ソノのヘルプで無事、鮭を岸に上げた。
2012.1007.3.JPG

ここから惨劇は始まった。
※R18指定。グロテスクなシーンがありますので、苦手な方は見ないでください。
2012.1007.4のコピー.jpg
ハンマーを持った女が、暴れる奴を踏んづける!
2012.1007.5のコピー.jpg
ハンマーを持った女が、暴れる奴に振りかざす!

尻に指を入れると、プチプチとした感覚。雌であることが確定しさらに気分が盛り上がる!

が、何気なく、ふと鮭と逆の立場で考えると体中の力が抜けた。

もし、僕がお腹が空いていて、好物のカレーライスを食べようと思ったら何者かに連れ去られ、

踏んづけられて、ハンマーで頭を殴られ、尻に指を突っ込まれ、

『こいつは雄だ』と言われたら、多分これ以上にないくらいへこむだろう。

やっと緊迫した空気が和んだ時、ノジの竿に何かが掛った!
2012.1007.6.JPG
ナイスサイズである。
2012.1007.7.JPG
こいつが何十個と作れるくらい立派である。

先ほど釣れた竿は遠投していたため、相方が、

『さらに遠くに飛ばして』と頼んできた。

いっちょやったるかという気分で、すかしながらおもりをVの時に置き、反発力を最大限に生かし、いざ遠投!

バギッッッ!!!!!

胴から竿が真っ二つになった。

相方の竿は1300円。私の腕力は1300円以上の価値があることに気付いた。

そんな中、ノジがまたもやなにか掛けている。
2012.1007.9.JPG
網だ。
ソノがヘルプに入り無事生還。
2012.1007.10.JPG
その後、2匹の鮭を追加し、今回の釣りは終了。
2012.1007.13.JPG

満足した僕らは、室蘭の祭りに向かった。
2012.1007.15.JPG

名物である鮭のつかみ獲りは、生きた鮭が捕獲できなかったため中止となり、かわりに死んだブリのつかみ獲りを行っていた。
2012.1007.16.JPG

◆本日の釣果 鮭の雌×3
2012.1007.17.JPG
2012.1007.18.JPG
相方が釣った、よくわからないカレイの刺身。
2012.1007.19.JPG
トバ
2012.1007.20.JPG

リベンジ成功、大満足!来週末はどこへ行こうかな?
posted by taku at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 10月の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

旬の大平洋アキアジ

狙い:釣法  サケ:ウキルアー、ぶっこみ
日時:場所  2012年10日14日(日):大平洋
天気:潮位  晴れ:小潮

太平洋鮭シーズンまっさかり。今回の釣行は、相方、野地、ミピ、ソノ一家の6人とその子孫たち。
20121014_turiza.JPG

22:00現地到着。

釣り場の様子を見に行くと、ルアーの先客が4人。岸に近いところでサケがバッサバサと跳ねている。

しかし、ここは我慢。車に戻り、駐車場の佐藤さんに駐車料金を支払い、世間話をしていると、夜中にボートでソイ釣りに行くとのこと。

釣れた時はぜひ、とお願いをして眠りについた。

暗いうちから仕掛けを投入し、待つこと1時間。もじり、跳ねが頻繁に出るようになり、こちらのテンションも最高潮。

しかし、誰ひとりピクリともしない。なぜだ。こんなに魚がいるのに。目の前に魚がたまりにたまっている。

すると先週ボウズのソノの竿が縦に揺れた。しっかりと合わせを入れ、無事、待望の1匹ゲット。
20121014_sonoHIT.JPG

あまりの嬉しさに鮭を抱きしめる。鮭も喜んでいる。
20121014_sonosakeのコピー.jpg


すぐに、ミピの竿にもヒット。1度目の合わせ、そして2度目の合わせでばらし。

佐藤さんが『合わせ過ぎだぁ』とクロゾイを釣ったことを知らせに来てくれた。

そして相方にもヒットし、無事に野郎鮭をゲットした。
20121014_saori.JPG


4週連続、ナイスサイズのコンブしか釣っていない野地にはぜひ釣ってほしいところだ。

されど名人。やはりこいつを釣り上げている。
20121014_konbuniityan.JPG

『今日は根っこから釣ってやりました!』満面の笑みで勝ち誇っている。

泣きそうなほど辛いのを察したので、『やっぱりすごいな』と言ってやった。

すると駐車場の佐藤さんが、ソイの刺身できたぞ!と呼んでくれた。
シマゾイにクロゾイをたらふく食べさせてもらった。

その後、反応が全くないため、釣れない男たちが揃って遠投で鮭を狙う。
しかし無反応。

ミピも遠投したいということで、佐藤さんに投げ方のレクチャーを受け、いざチャレンジ。
20121014_mipi1.JPG


竿を構えて。いざ投入!
20121014_mipi2.JPG


ブチっっっ!!!!仕掛けが切れて海に流されるが、

みずから取ーーーる。
20121014_mipi3.JPG


お腹も減ってきたので、昼前に終了。

◆今回の釣果 ♂×1(相方)
 さしみをふるまってくれた佐藤さん。本当にありがとうございました。なまら美味しかったです。しかし、群れがいてもこんなに釣れないことってあるんですね。まだまだ研究が足りないです。ちなみに今回釣れた野郎鮭はトバにします。
20121014_tyouka.JPG

付属品
DSC05080.JPG

来週は釣るぞ!!
posted by taku at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 10月の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やはり大平洋で鮭釣り

狙い:釣法  サケ:ぶちこみ
日時:場所  2012年10日21日(日):大平洋
天気:潮位  運よく晴れ:小潮

今回も太平洋。天気は優れないが、唯一2、3時間勝負が可能と予想される場所で行った。
同釣者は、相方、ソノ、野地の4名。
2012.JPG


やはり朝の弱い私は睡眠をとる。すると夜中に強い雨が降り、終いには雷までもなっている。

これは無理だなとあきらめて早起きすることを断念したのだが、4:00に相方に揺り起こされた。

なんとか釣りができそうな感じだったので、急いで竿を出す。

なんと暗いうちにソノの竿にヒット。雄である。
DSC05083.JPG


明け方、相方にヒット。波打ち際でバラし・・・。これを連続で5回繰り返した。やはり強者である。
DSC05090.JPG


そして私にヒット。無事に雄をゲット。

その後全員の竿が一斉に揺れて絡まってしまった。結構絡まってるなとほどいていると、なんと野地の竿にわずかな反応があった。

その『きてるわ!上げなさい!』

すかさず巻きまくる野地。上がってきたのは昆布ではなく、待望の鮭!
DSC05092.JPG


よほど嬉しいのでしょう。頭を叩くのも躊躇している。

腹を決めて、唇をかみしめながらふんずけて別れの儀式を行った。
DSC05091.JPG


その後、5回ばらしの相方に雌が掛り、一人1本ずつ釣ったところで今回の釣りは終了。

撮影会が始まった。
DSC05096.JPG

1か月ねばって釣った彼の右手が鮭になっている。作品『ミギー』

元気な女性達。
DSC05101.JPG


そして私もパシャリ。
DSC05097.JPG

すると、後ろのおじさんに『釣れたんでしょ〜』と声をかけられた。

野地が『78センチですよ!』と満面の笑み、してやったりの口調で答えると、

『小せぇな!!』と即答。

熱くなった野地。『78センチ!人生ではじめて釣ったんだ!』

おじさん『そうだったのか、よかったなぁ』

なんとか機嫌を損ねることはなかったが、あまりのハイテンションにちょいと腹が立ったので、撮影後、野地が地べたに鮭を置いたところ、鮭の頭を蹴飛ばしてみた。

野地『何やってるんですか!78センチですよ!』

テンションは変わらなかった。

帰り際、友達のkazちゃん、釣り師さんから相方に、『○○釣ったからパーティしない?』とお誘いの電話が入った。

もちろん即答でお願いします!

帰宅後、我が家で宴会が開催された。

その○○がこれである。
DSC05116.JPG


幻のカレイ、マツカワである!!そして、タコ!!

みんなで酒を酌み交わし、今日の釣りの話をしながら料理をした。
DSC05107のコピー.jpg

釣り人にとって、これが最高の娯楽である。

出来上がったのは、もちろんマツカワ刺身。
DSC05110.JPG

タコとマツカワのカルパッチョ。
DSC05111.JPG

タコ刺。
DSC05113.JPG

極めつけは、イクラとマツカワヅケ丼。
DSC05115.JPG


こんな贅沢な食事は初めてである。普段タコはあまり食べないのだけれど、釣れたては別格。おいしすぎて箸が止まらない。

釣り師さんの釣り話や子どもとの絡みをみて、みんな大爆笑。美味しいお酒に、贅沢な料理。なんて素敵な時間でしょう。

釣りって最高ですね。
posted by taku at 23:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 10月の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。