2011年08月02日

2011/7/30 ハモはどこ?

日時:場所  2011年7月30日(土)20:00〜1:00 苫小牧西中央南
天気:潮位  晴れ 大潮【干21:40(82) 満03:22(150)】
狙い:釣法  ハモ 投げ(胴付12号、イソメ)

釣れたてのハモが食べたい!ということで苫小牧へ向かった。
20110731_tomakomai.jpg

中央南埠頭、先客は3組ほど。みんなハモを狙っているようだ。

聞き込みをしたところ、どこも釣れていない様子…。

せっかく来たのだからチャレンジだ!イソメを付けて仕掛けを投入!

20分間隔で餌を付け替えるがノーヒット。ピクリとも来ない。。。さらにヒトデのオンパレード。

ヒトデに混じりツブが2個釣れた。ツブってイソメ食べるんだ!しっかりと中身にフッキングされている。

そんな中、周囲の人たちはあきらめて帰っていく。帰り際に頑張ってくださいと優しい声をかけてくれて、しまいにはイソメまでくれた。

4時間粘ったが、ここであきらめて就寝。

夜が明けて、仕掛けを回収したがヒトデがついているだけ…。早々にあきらめ帰宅。


釣果はツブ2個。
イソメをくださったオジサマありがとうございました!余った分を塩イソメにして次回に備えよう。次は絶対に釣ってやる!
ラベル:苫小牧 釣り ハモ
posted by taku at 11:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 7月の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/8/1 真イワシ爆釣!

日時:場所  2011年8月1日(日)21:00〜22:30 小樽港厩岸壁
天気:潮位  晴れ 大潮【満15:47(38) 干23:00(18)】
狙い:釣法  マイカ(エギング)、マイワシ(サビキ5号)

前回のハモ釣りが残念な結果だったためハモは中止。近場小樽で夜はマイカ、朝にマイワシというプランでまずは高島に出発。

常夜灯の下にはたくさんの魚が泳いでる。だが狙いはマイカ。エギで防波堤基部から先端まで丹念に探ってみたがノーヒット。

2時間行ったがさすがに心が折れ、寝場所確保のため厩に移動。

ただ寝るつもりで来たのだが、マイワシ釣りの人たちでにぎわっている。しかもポツポツと釣れている!

ハモ、マイカと不調続きだった僕のボルテージがMAXになった。急いで水中集魚灯を下し5号のサビキを3本投入。

仕掛けを下した瞬間、同行した親父にヒット!
20110801_maiwashi.jpg

その後も親父だけが入れ食い状態。何が違うんだ!!

親父にタナを聞いたところ、『下のほうにいる』と言っているので、底からちょっと巻いたところ合わせるが一向にあたりは来ない。

なぜだ!!
サビキは同じ5号。色かな?親父は赤、僕はグリーン。

いや待てよ。二人の使っている竿は親父は手竿、僕は磯竿。長さはほぼ同じくらい。

何がタナ深いだ!竿の長さとおんなじくらいのところだろ!

完全に騙された…。相変わらず性格悪いぜ!!
親父のタナに合わせたところ、すぐに入食いとなった。

こんなのも釣れた。
20110801_tanago.jpg

まきえも用意していたが、そんなもの必要ないくらい釣れる。

あまり釣りすぎても食べきれないので、40匹くらいをキープし終了。


本日の釣果はマイワシ40匹。
相方がマイワシのナメロウを作ってくれたがこれが最高!!
20110801namerou.jpg

マイワシがこんなにおいしい魚だとは知らなかった。しかも夜でも釣れるのか。
休日に関係なく、平日の仕事帰りにでも行って釣ってきたい(食べたい)という気持ちになった。
いなくなるなよ〜マイワシ!
posted by taku at 12:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 8月の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

2011/8/3 やっぱりマイワシ食べたい

日時:場所  2011年8月3日(水)18:30〜21:30 小樽港厩岸壁
天気:潮位  晴れ 中潮【満17:49(37) 干00:13(20)】
狙い:釣法  マイワシ サビキ5号

前回食べたイワシの味が忘れられず、仕事帰りに小樽へ直行した。

広い岸壁には入る隙間もないくらい賑わっている。
20110803_turiza2.jpg
その中の1組が釣りを終えて車を出したところにすかさず入って、そこで開始。

目標は2人分の30匹!釣れたら帰る!

そんな思いとはウラハラにポツポツとしか釣れない…。
20110803_iwashi.jpg

これじゃあ30まで届かないよ〜と話していると右隣に新客来場。

あたりが止まったので、そのオジサマを観察してみたところ1投で1、2匹釣りあげている。

なにが違うんだ!!!

サビキの色や号数を伺いに近づき、ふと灯光器下の海面を見たところ、、、悶絶!
水族館のように魚たちが戯れている!!『これは釣れますね。。』

優しいオジサマは、私たちの場所に撒き餌をしてくれ、しまいには場所まで提供してくれた。なんて優しい方なんだ(泣)

あっという間に目標が達成したので、オジサマに厚くお礼を申し上げたあと、車の下でドラ猫がイワシを狙っていることを報告して終了。

本日の釣果、マイワシ30匹くらい。
20110803_choka.jpg

今回のコックはまたもや相方。なめろう海苔巻きはやはり旨いのだが、今回はこいつ!
20110803_ryouri.jpg
イワシに梅シソを巻いて焼いたもの。

こんなにも酒が美味しいのは、あのオジサマのおかげです。本当にありがとうございました。オジサマがこのブログを読んでいることを願い、ここでお礼申し上げます。


■夜のマイワシ釣りの必須条件
 1.灯光器
 2.撒き餌
 3.白のサビキ(オジサマ情報)5〜7号

これだけ揃えば1時間勝負で食べる分釣れるはず!
posted by taku at 11:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 8月の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

2011/8/7 小樽マイカ撃沈…

日時:場所  2011年8月7日(日)18:00〜20:00 小樽港
天気:潮位  晴れ 小潮【干16:24(21) 満08:45(36)】
狙い:釣法  マイカ エギングとテーラー

 イワシはたらふくいただいたため、今回はマイカにチャレンジ!
20110807_turiza.jpg

先客は2組。マイワシをウキ釣りでやっている。この釣り方も面白そう!

夕まずめ狙いで遠くではテーラー、近くではエギで探ってみる。

夏の釣りは気温も高くて気持ちがいい!
上着を脱ぎ、裸になって探ること1時間。ノーピクリ…。

この場所はエギを落としたところだから気をつけないと…。

エギを安全なところに置いて投げまくるも反応なし。

2時間勝負と決めていたのでこれで終了。


本日の釣果、ボウズ。。。
こいつは来週まで凍ってもらおう。
20110807_tera.jpg

次回は、テーラーでもっと遠くまで探りたいため、ウキをハンマーフロートにする予定。

待ってろよ。デブイカ。
ラベル:小樽 マイカ 釣り
posted by taku at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 8月の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

2011/8/9 マイカ釣れた!

日時:場所  2011年8月9日(火)19:00〜22:00 小樽南防波堤
天気:潮位  晴れ 若潮【干19:15(18) 満04:39(38)】
狙い:釣法  マイカ エギングとテーラー

 前回は残念な結果で終わってしまったが、なんとしてもマイカが釣りたいといことで、仕事帰りに小樽へ直行。

向かった先は釣果情報の多い南防波堤。
20110809_minamibou.JPG

初の釣り場なので、フィッシングPAPAに寄って情報を聞いたところ、エギはほとんどダメ。餌でポツポツとは釣れているが遠投しないとダメとのこと。

さらに防波堤手前3メートル付近は根がかりに注意と親切に教えてくれた。

ハンマーフロートにして正解!!さっそくササミを撒いてウキをぶん投げる。

辺りも暗くなり、時合いと思われる雰囲気(勝手な思い込み)だがまったく反応なし。

周囲のベテランさん達が『今日はイカいないな〜』と話している声が聞こえる。

さらに『こういう時はあきらめが肝心!』とテンションの下がる内容まで聞こえてくる。

ベテランさん達は早々と撤退する中、私は細々とウキを見ながらエギを投げ続ける。

努力はするものの、ノーピクリ。

周りもほとんど人がいなくなった。こうなったら最終兵器でダメだったらやめよう。

※説明!!
 最終兵器とは、冷凍庫の保管されていた、奇想天外な相方自作のニンニク風味の鹿肉である。(相方の単なる悪ふざけでしょう)

ササミの残りが少なかったため、一応持ってきただけの餌である。

21:00 期待はせずに仕掛けを投入し、ボーっとしていると、

『あれ??ウキがない!!!』

急いで巻いたところ、待望の1匹目が!
20110809_maika1.JPG

立て続けに釣れる!
20110809_maika2.JPG

うそでしょ?
20110809_maika3.JPG

まじで?
20110809_maika4.JPG

一応の目標であった5匹を釣り上げ、ご満悦なためこれにて終了。


本日の釣果5匹。
20110809_tyouka.JPG

捌いてみるとゴロがたくさん入っている!刺身でいただいたが、まぁ甘い!そしてコリコリ!

マイカを釣ったのは初めてであり、心が満たされたので平日の無茶な釣行は落ち着きそうな感じ。

しかし、ウキの遠投って難しいですね…。今回はウキ下を3メートルほどとったのだが、投げる際にウキ止めとシモリがガイドに引っ掛かるので、思ったほど飛ばない…。

(あまり飛ばなかったのが釣果につながったのかもしれないが)

一応ウキは誘導にし、なるべくテーラーに近い場所で投げるのだがスイベルも付けているため、若干のバランスは崩れる。

みなさんは道糸にすべてくくりつけてやっているのだろうか?

このブログを見てくださっている方で、おすすめの仕掛けの作り方があればぜひご教授お願いします。
ラベル:小樽 釣り マイカ
posted by taku at 01:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 8月の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。